スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公的年金の特徴

タイトルの通り日本の年金制度の特徴を述べてみたいと思います。
①国民皆保険

国民年金の加入は強制です日本国内に住んでいる人全員です。
国籍関係ないという位だからびっくりです。短い期間しか住んでいない人は、当然年金貰えるわけではないため、一応「脱退一時金」なるもので返ってくる制度もありますが、支払額の方が大きくなるという詐欺みたいな仕組みのため、誰も払ってないんだろうなーと思います。

②社会保険方式

拠出した保険料に応じて年金給付を受けるという仕組み。公的年金給付の財源は保険料と運用益です。また1/2は国庫が負担してくれます。しかし現在は国庫では負担しきれず消費税に頼らないと維持できないという。

③世代間扶養
利点として言われていたこと。
Ⅰ私的な扶養の不安定性や親子間の気兼ね、トラブルなどを避けることが出来る。

→実際は年金制度があったとしても今は意味ないっすね。年金だけじゃ足りないので、いずれにせよ私的な扶養は必要になりますから。

Ⅱ現役世代が生み出した富の一定割合を高齢者世代に再分配する仕組むをとることにより、物価スライドによって実質的価値を維持した年金を一生涯にわたって保障することができる。

→今の日本の金融資産の8割を、50歳以上の人が持っていますので富を占めているのは高齢者とその予備軍の人たちです。現役世代の人数が減っていっているのにさらに富を高齢者の方に渡して、それで経済は活性化するのでしょうか?するわけないですよね。昔と今は全く違うのです。アホちゃうかな?

Ⅲ親の扶養や自分の老後の心配から解放され、個人個人の自立を高め、社会の発展と安定に貢献することができる。

→むしろ心配が募り、国に頼っちゃだめだと悟り、自立が強まっている気がします。親の扶養も自分の老後の心配からも解放されません。変に国が全員を保障する必要はないと思います。

④給付額の改定

まず大前提として、以下のお話は第一号保険いわゆる国民年金と呼ばれるものの金額の求め方のお話です。

物価スライド制といいまして、物価の変動にあわせて年金額を見直すために設けられた仕組み。実際は原則5年ごとに行われる年金制度改正の年の前年の全国消費者物価指数を基準として次の制度改正までの各年度の率を全国消費者物価指数の変動により計算する仕組みになっていました。


でも実際は平成11年から平成16年まで物価が下落し続けて、▲2.9%となるところを▲1.2%に特例措置を取って下落幅を押さえました。また平成16年の改正でマクロ経済スライドが組み込まれました。この仕組みは少子化の影響による被保険者の減少分と平均寿命の伸び率分を毎年の秋定立に反映することで給付水準の調整を行うものです。


但し当面、▲2.2%分の物価上昇がない限りは、物価スライド特例措置が取られることになってます。2.2%以上上昇した場合そこからこのマクロ経済スライドの制度により金額が決まります。


具体的には、平成12年の定められた給付額(80万4200円)に▲2.9%を乗じた78万900円に改定率をかけたものが平成16年改正による本来の年金額になります。


この改定率の出し方に、0.9%マイナスの調整をかけるのがマクロ経済スライドです。


物価上昇率≧スライド調整率
改定率=物価上昇率ースライド調整率

物価上昇率<スライド調整率
改定率=1

物価下落した場合
スライド調整は無視して、物価下落率分下げる。


要は大幅に物価上昇しても年金はなかなか上がらないということになります。むしろ下落圧力が強く今の水準を維持していくだけでも結構厳しそうです。


ちなみに平成22年は、老齢基礎年金の金額は、79万2100円でした。


応援宜しくお願いします!

人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

非公開コメント

プロフィール
メルマガ
新情報を毎週発行してます。
メルマガ購読・解除
 
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
アクセス数
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
マウスを当ててみてください。
FollowMeボタン
Where are you come from
収入の多角化方法
副業・内職情報データベース
お小遣い稼ぎサイト
簡単おこずかい稼ぎサイト お薦めですよ!
管理人使用サイト
ブログランキング
皆様ご協力お願いします! 頂ければ管理人のやる気はうなぎのぼりです。
ブックマーク
検索フォーム
Point Pay
お小遣い稼ぎより大きな収入を目指して!完全無料のポイント サイト - PointPay
見てみてください。
RSSリンクの表示
相互リンク1
相互リンク2
FX取引を始めたい皆様へFX取引-初歩の初歩 電動バイクに乗るなら
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Page Ranker
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。